なた豆栽培農家との契約

注目される口臭予防効果

最近口臭予防効果があるとされて注目されてる食品ご存知でしょうか?

 

それが「なた豆」です。

 

なた豆とは5メートルにもなる豆で、その豆も巨大!
なんと子供の腕くらいあるんですね、
豆も当然でかくてソラマメの2.5倍くらいあります。

 

でも実際手間がかかり過ぎて食品にはあまり採用されていません、
というよりなた豆って実は毒があるんです、適切な調理をしないとこの毒で
おなかを壊したり、下痢や嘔吐をしてしまうんですね。
ちょっと薬効があるので漢方なんかにも使用されているんですが、ちょっと変わった性質を持つマメです。

 

このなた豆を歯磨き粉にしようと、ウチの会社の社長が最近なた豆農家の人と話をしてるんですね。
私としては最初なんでこんなものわざわざ鹿児島くんだりまで行って契約するのか意味がわからなかったんですが、

 

実は口臭予防に効果が非常に高いとされて以前の倍以上需要があるんです。
なた豆には抗炎症作用があるため、体の膿んでる部分や炎症を抑えるといった作用があるのですが、
それらの作用が実は口臭にも効果を発揮するとかで今注目されているんですね。

 

私も知らなかったんですが、口臭の原因って歯周病とかで、要するに歯の周辺が腫れたり膿んだりして
歯周病菌が住みやすくなっていてウヨウヨいるらしいんです。

 

これらに対してなた豆が実はすごい効果を発揮して口臭をなくしてくれるわけです。

 

なた豆歯磨きが何故口臭についていいのかについてはのちほど詳しく書いていきます。

 

なた豆が口臭予防に良いと言われるその理由とは?

何故口臭を治すのになた豆歯磨きが良いと言われるのかというと、こちらにもありますが、
なた前には独自の成分があって、この成分はなた豆以外の食品には含まれていないんです。

 

なた豆だけが作り出す独自の成分で、いま薬学会でも注目されているんですね。

 

なた豆にはカナバニン、コンカナバリンAという独自のアミノ酸の一種があり、これらは高い抗炎症作用や
膿を出す効果があるとされています。
昔からなた豆はいぼ痔や蓄膿症に良いとされ、それらに悩んでる人達から非常に注目されていたのです。

 

またこれらはほとんどがお茶にした状態で飲まれていたのですが、じつはこのなた豆茶を飲んでいた人たちの口臭が
ほとんどなくなってしまった結果から、口臭にもいいのでは?
と研究された結果、どうも歯周病の予防などに効果があるという研究結果が出たのです。

 

歯周病はあの口臭の悪臭の発生原因とも言われており、人間がイチバン嫌いな臭いの一つを発します。
それらに対してなた豆の有効成分が効果をはっきすると言われているのです。

 

今後もこれらは研究が進みいろいろな開発、商品ができるかと思われます。

 

なた豆の副作用について

なた豆には副作用があるとされています、これはなた豆に含まれる毒のことが言われているようです。
実はなた豆にはアカナタマメ、シロナタマメ、タチナタマメと種類が分かれており、
このうちアカナタマメとタチナタマメには毒があるのです。

 

これらは一般には食用とされていませんが、アカナタマメの毒は弱毒でそれほど毒性は強くないことと
ポリフェノールが含まれているために、おもになた豆茶やなた豆歯磨きとして用いられています。

 

弱毒といえど毒が心配されますが、加工されているものは焙煎して出荷されてるので焙煎の過程で
毒性はほとんどはなくなってしまいます。

 

なた豆の毒はタンパク毒なので毒が熱に弱いため分解されてしまうのですね。

 

ちなみにシロナタマメには毒はありません。

 

一般になた豆歯磨きには毒があるとも言われているのですが、副作用ではなく
これらの毒によるものが原因とされています。

 

基本的には毒性は少なく、焙煎にて分解されているのですが、人によっては
嘔吐や下痢をする場合があるみたいですね。
だから口臭予防でなた豆を使用する場合は
下処理が面倒なので加工されたる歯磨きなどを使用しましょう。
あまり体質に合わないと感じたのであれば使用はやめておいた方がいいでしょう。

 

口臭に対するなた豆の効果のほどは?

 

なた豆にはさまざまな効果があり、口臭を治したりする効果の他にも蓄膿やいぼ痔、
アレルギーなどの改善などに役立つとされています。

 

もともと漢方薬などでも使用されるなた豆ですが、現在ではその口臭への効果から
歯科医院などでも使用されているようです。
じつは歯周病の改善などには抗生物質などが使用されるのですが、なた豆の場合は
それらの歯周病を改善できるため、抗生物質などよりも副作用がないなた豆を使用する
歯医者さんが増えているのです。

 

今後も注目されるなた豆ですが、その他の医療の分野でもアレルギー対策、蓄膿症の改善などで
研究されています。

 

ただし、前回も書いたように人によっては体質的に受け付けないという人もまれにいます。
これは毒素というよりカナバニンの作用が強いためとも言われています。

 

それだけ薬効が強いという見方もできますが、体質に合わない場合はくれぐれもご注意を。

 

ちなみに現在なた豆歯磨きランキングがあるほどさまざまな商品が出ています。
なた豆の効果を期待してメーカーがどんどん参入しているようです。

 

なた豆でいろんな口臭退治!

なた豆のカナバニンの話はすでにしましたが、じつはなた豆にはもう一つ独自の成分は含まれていて
それがコンカナバリンAと呼ばれる成分です。

 

このコンカナバリンAは免疫効果を向上させるとされており、体内の口臭を発生する細菌を抑えるとされています。
だからなた豆歯磨き粉を使用すると朝なんか起きた際の口臭が減っていると言われるんです。
これはこのコンカナバリンAの免疫向上効果によって口臭を発生する菌が抑えられる他に体内の免疫機能があがり
唾液がサラサラになるからとも考えられています。
なた豆の効果はまだ研究段階の部分も多いのですが、このような口臭に対する効果から最近ではなた豆茶や歯磨き粉
だけではなく、マウスウオッシュにも含まれているほどです。
なた豆の口臭対策効果についてはここでも書かれていますが、
やはりなた豆ってスゴい人気みたいですね。
圧倒的に上位をなた豆製品が占めています。
ホントに口臭に対する効果なんかがわかりやすいので一度使用してみることをおすすめしますよ^^
ちなみになた豆のマウスウオッシュよりも歯磨き粉の方が効果が圧倒的に高いと思います。
できればなた豆茶のんで歯磨きしたら完璧ですよ!

 

 

口臭の原因となた豆

口臭のあの強烈な臭いの原因は主に歯周病とされています。
私もひどい歯周病患者さんの口臭を嗅いだことがありますが、本当に洒落にならないくらいの
臭いです。
正直失礼ですが、2メートルくらい離れていても臭うくらいです。

 

これらの臭いの原因に対して効果を発揮するのがなた豆なんですが、そもそもなぜなた豆が口臭にいいのか?
ということですね。

 

なた豆の排膿効果は歯周病菌に侵食されてる部分を改善するとされています。
これらがなた豆が口臭改善などに役立つ理由とされています。